ワキガ臭の対策になるデオドラントストーンって知ってる?どんな効果があるのかまとめてみた

 
この記事を書いている人 - WRITER -

今回使用するのは、デオドラントストーンのハードストーンです。あまりご存知のない方もいるかもしれませんので簡単に説明しますと、強力な消臭効果のあるミョウバンを手のひらサイズに加工したもので、それを肌に塗りつけることで臭いを抑えることができます。透明度の低いクリスタルのような外見なので、他のデオドラント製品とはちょっと雰囲気が違います。(大きいリップクリームのような見た目のものはソフトタイプなので別物です)

使用方法はとても簡単で、デオドラントストーン本体を水で湿らせて、ワキ全体に塗り込むだけです。これだけで丸一日、ワキの嫌な臭いを抑えることができます。最初に使うときは「ただ石をワキにこすりつけているだけでは……」という感じで不安になるかと思いますが、キチンと効果は発揮されるので心配はいりません。

デオドラントストーンは簡単!塗り直しも不要!

メリット1:とても簡単

ストーンをワキに塗り込むと聞くと時間をかけて塗らないといけない印象を受けますが、実際はデオドラントスプレーを吹きつけるのと同じくらいの時間をかけるだけで十分効果が出ます。念入りに塗ったとしても両方のワキを合わせて30秒くらいしかかからないので短時間で済みます。

メリット2:効果が長持ち

デオドラントストーンは基本的に塗り直しが必要ありません。何故なら効果がほぼ1日持続するからです。
一般的なデオドラントスプレーやデオドラントシートは、何時間かおきに再使用しないと臭いを完全に抑えるのは難しいです。ですがデオドラントストーンはそういった心配もなく、夏の暑い日も臭いをしっかり抑え込みます。
効果が長持ちするので、出かける前に使用すれば持ち歩く必要がないのも大きなメリットです。

メリット3:1個で長期間使える

個人差がありますが、1シーズンくらいなら軽々持ちます。デオドラントスプレーなどは夏場などの使用頻度の高いシーズン中には何回か買い足しが必要になることを考えると、お財布にも優しいです。

ワキガ臭ケアをサボると、臭いを撒き散らす嫌われ者に……

人間に限った話ではありませんが、そもそも動物は自分の存在を周囲に知らしめたり、異性を惹きつけるために臭いのフェロモンを肌から発散させています。人間の場合はこれがワキの汗腺から強く発散されるため、ワキ臭は他の部位の臭いに比べて強いのです。
さて、そんな強い臭いを発生させるワキ臭のケアをサボったら、どうなってしまうでしょうか。異性が魅力を感じてくれればよいのですが、残念ながらワキで繁殖した雑菌のイヤな臭いも一緒に発散されているので、強烈な悪臭を撒き散らすだけです。
ドラッグストアの売り場をチェックしてみると、デオドラント系の商品はたくさんあります。それだけみんなワキの臭いを気にしている、ワキのイヤな臭いが嫌いということです。そんなイヤな臭いを撒き散らす人が果たして好かれることがあるでしょうか。

ワキ臭対策はエチケットではなく、現代社会で生きるための生存戦略です。絶対にやりましょう。

使用する上で気をつけたいことが2点あります。

注意1:肌の弱い方は注意

先にも説明したとおり、デオドラントストーンはミョウバンの結晶です。これを肌に塗りつけるわけですが、当然人によっては肌に合う合わないといった相性があります。使用していて違和感を覚えたら、ただちに使用を中止してください。「かゆくなった」「赤みが出た」「湿疹が出た」といった症状が出た場合は、専門の医師の診察を受けて、その後は医師の指示に従ってください。

注意2:濡れたまま放置しない

デオドラントストーンは濡らして使用しますが、使用後の濡れたデオドラントストーンを放置しないでください。水を吸ったストーンがヒビ割れを起こして、次回使用時に肌を傷つけてしまう場合もあります。
また、濡れたまま放置しておくと不衛生になってしまい、「臭いを抑えるはずが、臭いの原因になる雑菌を塗り込んでいた」ということにもなりかねません。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 体臭の書 , 2018 All Rights Reserved.