デオドラントスプレーとデオドラントクリームはどっちのほうが効果があるの?比較してみたよ!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

デオドラントクリームは、スプレーよりもずっと消臭効果が高いようです。朝起きて着替えるときに塗っておき、汗をかきそうなときには出かける前にもう一度塗ります。

すると、その日は一日臭いません。多少なら汗をかいてもクリームの効果はなくなりませんでした。

汗でクリームが取れてしまいそうなほど激しい運動するときには、小さいタイプのクリームをポケットに忍ばせておきます。

スプレーだとどうしても音がしてしまいますが、クリームならトイレでも、物陰でも、さっと塗れます。運動後に塗っておけば、どんなに運動をしても体臭が気になりません。おかげで体臭のない人だと、知人から言われます。

デオドラントクリームで、肌ダメージも感じず、無臭になれる

デオドラントスプレーは、ガスが低温になりすぎて肌がかゆくなったり、粉っぽくて気持ち悪くなったりして使えませんでした。

クリームなら肌のかゆさもなく、使用感も良かったです。しかも、スプレーは独特の匂いで誤魔化す感じですが、クリームは不思議なほど臭いがもとから消えます。

クリームは、スプレータイプの物ほど汗を止める効果は高くありません。でも臭いだけを気にするのなら、断然クリームが良かったです。

スプレーの匂いはいかにもデオドラントスプレーと言う感じがして、体臭を気にしているのが周囲にばれてしまいます。

でも、クリーム自体には匂いがないので、周囲の目を気にせず毎朝つけて、そのまま出かけられます。食事の邪魔になったり、香水を使うときに匂いが混じったりもせず便利です。

午後になると脇から酸っぱい臭いが…どっちのほうがおすすめ?

朝のうちはさっぱりしているのですが、一日生活をしていると脇の下に汗をかき、知らず知らずのうちに蒸れてしまいます。

すると、雑菌が繁殖するようです。汗染みができるほどの汗をかいたわけではないのにだんだんとツーンとした臭いがしてきます。

しかもその臭いは、ボディーペーパーでふいても取れないみたいで、時間が経てばたつほど、強烈になっていきます。

自分で自分の体臭に気づいてしまうこともあります。

でも、一度でも体臭がしだしてしまったら、お風呂に入って服を着替えるまで、臭いは取れません。

それから家に帰るまでの一日を、消え入りたいような気分で過ごすことになります。わずかな汗は服にも染み込んで、服でも雑菌が繁殖しているようです。

デオドラントクリームを塗りすぎると湿疹ができることがある

どうしても臭いが気になるので、夜寝る前にもデオドラントクリームを塗っておいたり、朝多めにクリームをぬったりしました。

そんな生活を一週間ほど続けると、突然脇が猛烈にかゆくなり、脇の下にぽつぽつと赤い点のような物があらわれました。

あまりにもかゆいので病院に行ったところ、毛穴がふさがれて、そこに汗と雑菌が溜まり炎症を起こしているとのことでした。

臭いも大切ですが、病気になっては元も子もありません。

ステロイドと抗生物質を塗って一週間ほどで炎症は治まりました。

でも、その一週間は臭い対策すら禁止されていて、辛い日々を過ごしました。

クリームが毛穴をふさいでしまわないように夜にはお風呂でしっかり洗い流したり、外出の予定がない日には肌を休めてやったりする必要があるようです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 体臭の書 , 2018 All Rights Reserved.