ニベアクリームで保湿すれば体臭がマシになるって本当なの?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

一般的に言われている耳の後ろと首周りの臭いを気を付けるようにしています。洗い残しがあると、耳や首周りはニキビになると聞いたことがあります。

それが身体の部分になると臭いが余計に出てくるとも言われています。洗った後でも、臭いが出てきてしまっては意味がありません。

体臭というのは洗いすぎでもなり、洗いすぎると常在菌というものが流されて、皮膚膜が無くなって悪臭を漂うようです。それを防ぐためにニベアクリームを塗るのです。

根本である皮膚を改善することで体臭は避けることが出来ます。皮膚が改善すれば体臭が防げることが出来るのです。

ニベアクリームで肌の保湿を保ち悪臭退散!

身体を洗ったあと、ニベアクリームを塗ると肌が正常に戻り、スベスベ感が出てきます。また、ニベアクリームの良い香りも染み付くので一石二鳥です。

臭いというものは保湿が足りないと出てくるものとも言われています。

それを防ぐために効果的なのがニベアクリームなのです。また、気になる部位である、首や耳の後ろ、上半身から下半身まで塗ることが出来ます。

自分自身の乾燥肌に役立ち、尚且つ、肌が改善されるということは、肌が守られ余計な体臭が出てこないということになります。

また、いつでもどこでも身体に塗ることが出来るのもメリットの一つです。

体臭対策として身体に塗ることがあっても、乾燥肌の対策としてしか見られないので周りを気にせず塗ることが出来ます。

身体の洗いすぎで肌がボロボロで逆効果!

実際に自分は体臭対策でゴシゴシ洗っていたのですが、肌が負けてしまいボロボロカサカサになってしまいました。

皮膚の炎症が出てきてしまっては体臭対策が出来なくなってしまいます。良い例が足の角質です。足の古い角質を餌とする常在菌が増えると臭いが出てきてしまいます。

例えキレイに洗ったとしても、肌がボロボロカサカサでは皮膚は痛くなりますし、臭いも出てきてしまうといった悪循環が生まれてしまいます。

また、乾燥肌の自分にとってはニベアクリームを塗らないと肌がカサカサになり掻きむしってしまいます。

乾燥肌だと特に背中辺りが痒くなり、寝ている最中に無意識に掻いていることもあります。

知らぬ間に肌から粉が吹いていることもあるので、必要な皮膚が落ちて悪臭が出てくる恐れもあります。

ニキビや湿疹といった皮膚の異常が出てきたら要注意!

身体をゴシゴシ洗いすぎてニキビや湿疹が出来ました。肌を治そうとニベアクリームを塗ったのですが、余計に治らなくなってしまったことがあります。

注意しなければいけないことは、肌の保湿を保ったり、皮膚の改善には役立ちますが、皮膚の異常には決して使うべきではないものです。

体臭対策として皮膚の改善に付けるのは良いですが、皮膚の異常には普通に薬を塗るべきだと思いました。決してクリームであって薬ではないことは頭に入れるべきです。

皮膚の異常にクリームなどを塗ったら、余計に肌がボロボロになって臭いが出てくる可能性もあるからです。

何なら、ニキビや湿疹にならないように肌を保つクリームなので、使い方には気を付けたほうが良いでしょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 体臭の書 , 2018 All Rights Reserved.