にんにく料理を食べると体臭はきつくなる?どうすれば匂わないの?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

ニンニク料理の摂取をなるべく控えることで、便の臭い、体臭、口臭が十分に抑えられます。刺激臭を中心とした異臭が相当に軽減され、人と人との間で起こる多少のトラブル、大小の軋轢を未然に防ぐことができるでしょう。

とりわけニンニクの香りは日本人にとってはかなり好き嫌いの別れるものであるので、これに気を付けるか気を付けないかの違いによって、人の見る目が明らかに異なって行き、引いてはその人物の評価も大きく分かれて行きます。

もし人の嗅覚に訴える要素によって評価を落としたくないならニンニク料理を控えることが必須です。

ニンニク断ちによって腸内環境から体臭を改善しましょう。

ニンニクを断つという行為はただ単にニンニクの臭いを体に付けないというだけにとどまらず、体臭の元となる腸内環境の悪化などを防ぐことができるのです。

人間はニンニクを過剰摂取すると腸が重度または軽度の炎症を引き起こし、それによって便の腐敗、引いては悪臭の生成に関する物質の発生がもたらされます。これこそがニンニクと体の臭いの因果関係を表わす概念になります。

ところが、ニンニクの摂取を極力避けることによって、そうした流れを未然に防ぐことが可能になります。また、ニンニクを摂取しないことによって神経の興奮もあらかじめ防止することができ、こうした神経状態の改善が体の臭いの原因を元から遮断することに繋がるのです。

ニンニク断ちを行わないと体臭はひどくなる一方です。

ニンニク断ちは荒れた腸を元の健康な状態に戻す効果があり、断続的にでも行えば体臭は改善されます。

ところがそれを行わないと腸の荒廃は継続され、その分だけ体の臭いが悪化します。これは、食べ過ぎを続けることによって肝臓の状態の悪化が加速することと本質的には同じです。

また、神経の興奮もニンニクの過剰摂取の継続によって連続し、それによる睡眠状態の悪化の継続なども体の異臭と決して無関係ではありません。

逆に言えばニンニクの過剰摂取を一時的にでも止めることによって神経状態は随分と良くなります。

簡単に言ってしまえば、ニンニクの過剰摂取を1日おきにであっても止めることが、健全な体の臭いを作り出すための第一歩となるのです。

ニンニク入りの外食品を見分けることが大事です。

ニンニクの臭いを体に取り込み、体臭を作らないためにはどれがニンニク料理でありどれがそうでないかを見極めることが重要です。

まず、焼肉店の料理は基本的にニンニク料理であると見做し、極力避けることが推奨されます。

次にラーメン屋もニンニク断ちの天敵であり、はっきり言ってラーメンを日常的に食べている限りニンニク断ちは成立し得ません。同じ理由でイタリア料理も明確にNGと言い切れるでしょう。

逆に何がニンニク入りでないかというと、蕎麦屋の料理がそれに該当します。蕎麦関連の料理は基本的にニンニクが入らないため、ニンニク断ち生活の救世主となるでしょう。刺し身もニンニクが入らないため、こちらもニンニク断ちに非常に向いています。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 体臭の書 , 2018 All Rights Reserved.