汗臭さは下着に移ってしまう?今日からできる消臭方法をまとめてみた

 
この記事を書いている人 - WRITER -

私は汗が臭いので、少しでも汗をかいたら下着を着替えるようにしています。下着を着替えることで、汗を取り除くことができます。汗っかきで匂いを気にしていた私も汗からくる臭い匂いを取り除くことができます。私は汗以外は特に匂いがないので、そうすることで、体臭はなくなります。下着を複数持っておくことで、汗が出るたびに汗を取り除き体臭のことで周りの人の評価を気にすることがなくなります。そうすることで仕事も集中して取り組むことができるようになります。この方法は非常に簡単でありかつ効率の良い方法で、誰でもできることです。

スプレー特有の匂いを気にすることなし!

以前は清感スプレーを使用していましたが、どうしてもあのスプレー特有の匂いが苦手でした。汗の酸っぱくて臭い匂いと清感スプレーの匂いがまじると非常に不快な気持ちがしていました。

周りにも汗と清感スプレー特有の匂いは感じられていたことでしょう。

しかし、下着を着替えて軽く体をふくことで汗の匂いは必然的になくなります。

清感スプレー特有の匂いにも困ることなく仕事を行うことができます。周りからも「清感スプレーを使った」と思われることなく過ごすことができます。

また、清感スプレーだとその後も服に残っている汗のじめじめ感を感じてしまいますが、服を変えるとそんな心配もなくなります。匂いの元から遮断するという考えは美女有効だと思います。

汗をそのままにしておくと心もボロボロに

下着を着替えないで、そのままにしておくと、確実に汗と加齢臭のまじった酸っぱい匂いを発してしまいます。

自分自身もその匂いを嗅いで気が滅入りますし、半径3メートルの範囲であれば確実に私の匂いを感じて不快になっているでしょう。

そう考えるだけで私の心もボロボロになります。周りがどう考えているか気にしてしまい、仕事に集中できないでしょう。人に話しかけるのも億劫になります。

また、汗のジメジメ感は私自身への不快感にも繋がり、気が滅入ることでしょう。

汗をかかないようにできるだけ動かないように仕事をしたり、汗をかきそうで気になったらすぐにタオルで体をふこうとすると思います。すべてが悪い方向にいくのは間違いないです。

必要以上に着替えを持ってきていることを廻りのにばれないように

私は夏場ですと一日に下着を5着ほど持っていくようにしています。

1~2着ならわかりますが、さすがに5着も持ってきていると周りからは不審がられます。

「多汗症じゃないか 」「体が強烈に臭いのではないか」など思われないように服を大量に持ってきていることをかくすようにしています。

そのために服を入れるようのリュックサックを準備しています。着替えたらすぐにそのリュックサックに入れるようにしています。

また更衣室に跡を残さないように細心の注意を払っています。あとは更衣室に他の人がいたときには極力着替えないようにしています。

そこまでする必要があるか疑問だと思いますが、なんと思われるか気にすることが嫌なのでそのようにしています。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 体臭の書 , 2018 All Rights Reserved.